ウォーターサーバーを選ぶ時に利用する口コミは、家族人数にも注目するのがお勧めです。

ボトルの容量には8リットル前後を初め、12リットル前後、18リットル前後などのように、幾つかの種類に分ける事が出来ます。
家族の人数が多い場合には、皆が利用するため、用量が多いボトルを使えば交換頻度が少なくなりますし、逆に一人暮らしをしている場合には、容量が小さいボトルの方が経済的です。

ボトルは未開封の状態であれば半年から1年は賞味期限の中で使う事が出来ますが、一度開封してしまうと賞味期限は2週間から1ヶ月などになるので、一人暮らしで大きいボトルを利用している場合は無駄になる事もあります。

さらに、ウォーターサーバーは温水と冷水を作るための設備、電気代なども比較をしておきましょう。最近は省エネタイプの製品も多くなっていますが、一人暮らしの場合は日中は仕事で外出してしまうので電気代が安い方が経済的です。

空いたボトルの回収も自主回収で行う方法と業者が引き取りに来てくれる方法がありますが、ボトルはペットボトルとして回収して貰えるので、コンパクトにまとめる事が出来るか否かを口コミでチェックしておくと良いでしょう。

おすすめしたい安いウォーターサーバーは?

一人暮らしの女性の場合、昼間は会社で仕事になるのでウォーターサーバーは電気代が安いものを選びましょう。
使っていない時でも電気代が掛かるわけですから省エネタイプが経済的です。

また、女性一人だけであれば8リットル前後のボトルを提供してくれる製品を選ぶのがお勧めです。ペットボトルの容量が大きくなると、賞味期限が切れてしまうなど無駄にも繋がりますし、18リットルなどの場合はウォーターサーバーにセットするのも大変です。

ワンルームの部屋などにすっきりと収まる小型のウォーターサーバーなら部屋の中が狭くなりませんし、費用面においても経済的です。

さらに、ペットボトルをセットする場所が下側にあれば、力がない女性などでも簡単に取り付ける事が出来ます。
尚、ウォーターサーバーはレンタルが便利で、本体のレンタル料が掛からないものを比較して選べば、経済的に使う事が可能です。

比較のポイントはペットボトルの容量が一人暮らしに合っているもの、電気代が安いなどの省エネタイプ、本体がレンタルで利用出来て、ボトル代だけを支払えば良いもの、女性の場合には下側にペットボトルを取り付けるタイプなど、こうした条件を持つウォーターサーバーがお勧めです。