自宅にウォーターサーバーを設置している人が増えており、いろいろな会社がレンタルサーバーを供給しています。

ウォーターサーバーを設置する利点としては、天然水やRO水を自宅ですぐに飲むことができ、冷水や熱い温水をすぐに使用することができるという点が挙げられます。
熱い紅茶やコーヒーを一杯飲みたいという時にもすぐに熱いお湯を使うことができるので、コンロでお湯を沸かす手間を省けます。

また、天然水等の入ったボトルを簡単に注文することができ、自宅まで配送してもらうことができるので、日頃からペットボトルなどで天然水を購入していた人にとっても手間が少なくなります。

レンタルサーバーは常に冷水や温水を供給しているので、消費電力が高くなってしまう心配があります。

電気代に不安を感じて、ウォーターサーバー設置をためらっている人も多いことから、スリープ機能や省エネ機能など、消費電力の節約に配慮した仕様のサーバーなども供給されています。熱いお湯をポットで沸かす時にも電気代の費用は掛かるので、導入前後で電気代がどの程度変わるかも調べてみると良いでしょう。

ウォーターサーバーを選ぶ際には、各社の仕様を比較して選ぶこととなりますが、家族構成や日常生活での使用頻度などを考えて、比較して電気代が安くなるものを選ぶと良いでしょう。

ウォーターサーバーの料金はボトル代の他に何がある?

ウォーターサーバーを借りた経験がない人は、自宅に置くためにどの程度の初期費用が掛かるのか、毎月どの程度の費用の支払いが必要なのかわからない人が多いでしょう。
ウォーターサーバーを借りる際に必要となる費用としては、ボトル水の代金の他に、レンタルサーバー本体のレンタル料や月々の電気代金、ボトル水の配送料などが考えられます。

また、不具合が発生してしまった時のメンテナンス費用なども必要なケースがあります。

サーバー本体のレンタル代金については、利用する会社ごとに設定が異なっており、無料でレンタルすることができるサービスも多くなっています。

お洒落なグッドデザイン賞を受賞したようなサーバーなどは、月々数千円程度のレンタル代金が発生することもあります。ボトル水の配送料金については、ほとんどの会社がボトル水代金に含まれていることが多く、別途費用が掛かる会社は少なくなっています。

使用する電気料金については、各社の仕様によって異なる面があり、使用頻度によっても違いが出てきますが、レンタル会社などに聞けば目安などを教えてもらうことができます。メンテナンス費用についても、利用する会社によって違いがあり、無料としている会社や月々数千円のメンテナンス費用を徴収しているところもあります。

ボトル代金の単価も含めて、トータルの費用を考えて契約先を選ぶと良いでしょう。