ウォーターサーバーは自宅で好きな時に好きな量の新鮮で安全な水が飲めるので、あると重宝します。
最近では水のバリエーションも増えていますし、お湯も出るタイプも出てきているので、飲み水や料理に使えて幅広く利用できます。しかし、引っ越しや使わなくなった、業者を乗り換えしたいときに解約すると以外にも負担が大きくなってしまうことがあります。それを踏まえて契約期間を考えておくと良いでしょう。
ウォーターサーバーを契約するときに利用期間に関して決め事がある業者もあります。何年以上使ったら解約手数料無料、契約の切れ目のサイクルがあるなど契約は様々です。そのため、好きな時に無料で解約できる場合と、契約期間が終わらないと料金がかかってしまう場合とありますので、契約前に比較するのも1つの方法ですし、いざ解約するとなったらよく条件を確認して、ベストなタイミングで行うようにすると安心です。
ウォーターサーバーは宅配のことが多いのでその手配などもありますので契約期間が終わらないうちに解約すると、ペナルティーとして解約金が発生するパターンもありますので、期間が終わるころ合いをチェックして把握しておくことも重要です。
できれば申し込み時に柔軟な対応の業者を選ぶのがお勧めです。

解約金を払う場合

しかし、すでに契約してしまっている状態で、解約せざる負えない場合は解約金を支払うことになります。
まずは業者に解約の旨と解約日を連絡しましょう。すると解約金額を知らせてきますので、通常の支払方と同様にプラスして請求されます。口座引き落としなら最後の月の月料金に加えて解約金を引き落とされますので、すぐに用意する必要はありませんが忘れないように準備しておきましょう。
解約金額は業者によって異なりますが、決して安くはないでしょう。しかし、言われた通りではなく、事前の契約などに必ず記してあるはずですから、それと一緒かどうかをチェックしましょう。
また、解約するなら道具も一緒に返却する必要があるケースがほとんどですので、その日までにきれいにして引き渡せるようにする必要があります。月々の使用量は使った分だけですので納得ですが、解約の手数料は別途となると、形に残らないものへの支払になるので注意が必要ですし、できれば避けたい料金です。
ウォーターサーバーを利用するときは、安全性やおいしさなども大切ですが、万が一のことも考えて比較して、トータルでの利便性やコスパの良さを考えて選ぶことが重要です。
安さだけで選んでしまってはあとあともっとお金がかかってしまうこともあります。